HOME>トピックス>病院のダイエット外来などで行われているメディカルダイエットを利用する目的とは

妊娠して太ってしまったら

妊娠中は胎児の成長に必要な糖質を蓄える都合上、脂肪が要るため、どうしても太りやすくなります。ですが出産後も体重が多ければダイエットも必要になりますが、その際は病院でのメディカルダイエットを利用すると良いでしょう。メディカルダイエットはエステサロンや民間療法と違い、医学的な知見を基礎とする医療行為ですから、リバウンドしないダイエットを希望する時も最適です。

リバウンドしにくい理由

病院の痩身治療では医師が全身の状態を確認した上で指導してくれるため、リバウンドしないダイエットを可能にしているのです。なので自己流のダイエットではリバウンドする恐れがある時は、病院のダイエット外来などを活用しましょう。

健康的に痩せられる

体重が増えると懸念されるのが糖尿病のリスクなどですが、病院のダイエットでは医師のほか、栄養士もサポートしてくれる場合が少なくありません。つまり、リバウンドしないダイエットはもちろん、糖質を管理した食事なども提案してくれますから、健康面を考えて痩せたい時にも打ってつけなのです。

データからもダイエット効果を把握できる

メディカルダイエットでは血液検査を行うことも多いため、LDLや中性脂肪など、データ的にも治療前と痩身後の変化を確認できるのが特徴です。そのため、体調を数値的に把握してリバウンドしないダイエットに取り組みたい時も、利用する価値があります。